ひやおろし原酒 あき

ひやおろし原酒 あき

春に蔵の中で眠りについた新酒が夏を過ぎ穏やかに熟成を迎えました。タンクから無ろ過で直接、生瓶詰めした味わいたっぷりのアルコール分20度の原酒です。ストレート、ロックのほか酒3に熱湯1を加え燗酒とするのもお薦めです。

720ml ¥1,250(税込)
 本 

ひやおろし原酒・あきの成分分析値(平均的なものです)

平均精白歩合 アルコール分 日本酒度 酸度 アミノ酸度
ひやおろし
原酒あき
70% 20% +2 1.9 1.7

用語解説

平均精白歩合
玄米重量を100%とし精米をした後、白米として何%分残ったかの割合。米の外側にある脂肪分、たんぱく質は酒質に悪影響を与えるため磨けば磨くほど酒質には好条件となるが処理作業は困難となる。ゆえに高精白は高級酒造りには必須だが手間がかかる。

日本酒度
酒の比重。純水を0としてそれより軽い場合はプラス符号、重い場合はマイナス符号をつけて表す。糖分が多い甘い酒は比重が重いのでマイナス、少ない辛い酒はプラスとなり値の数字が大きいほどそれぞれ甘辛の度合いが大きい。

酸度
酒に含まれる多種類の酸の総量を表す。多いものは酸味が強くゴツく、少なすぎると味がボケた感じになる。

アミノ酸度
酒に含まれる多種類のアミノ酸の総量を表す。アミノ酸は旨味の成分だが多過ぎるものは後味が残りクドイ。少なすぎると味わいのない薄っぺらな酒となる。